集合住宅の場合のフレッツ光

光ファイバーを使ったインターネットサービスのフレッツ光ですけど、
集合住宅と一戸建てでは多少の違いがございます。
集合住宅は光ファイバーがそのまま使えないことがありますし、
建物のつくりによっては光ファイバーの設置自体ができないことが多いからです。
そんなときは、光ファイバーを共有に接続した後で、既存の銅線を使うことで通信を行います。
ここで使う配線をvdslと呼びます。
vdslは光ファイバーじゃないと通信できないオプションサービスには加入することができないことがあります。
どんなオプションに加入できない可能性があるかというと、例えば、フレッツテレビがあげられます。
ですから、もしあなたが集合住宅に住んでいるのでしたら、
自分の住宅の回線がなんなのか調べておくとよいでしょう。

また最近では、光コラボっていうのが最近耳にするようになりました。
でも「光コラボ」っていう言葉だけでは何のことなのかさっぱりわかりません。
調べてみると、光コラボというのは、光コラボレーションの略で、
フレッツ光の回線を他の会社でも使えるようにしたことで誕生した○○光のことを言います。
たとえば、AUひかりやドコモ光などがあります。
光コラボをするメリットとしては、例えばAUの携帯を使っている場合、
インターネットもAUひかりにすることでオトクになることが考えられます。
また、面倒でお金がかかる工事もする必要もなく、簡単な契約ひとつで
簡単に乗り換えすることができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です